飲むか撮るか

~飲むことを忘れた飲料系電磁的日記~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

missing link

この夏、WOWOWでスターウォーズシリーズ一挙放送。

字幕スーパー版をDVDに落とすが、なんとなく観る気にならず。というのもエピソードIVからVIまではテレビで吹き替え版を飽きるほど観ているので、どうしてもスターウォーズが字幕スーパーってのが受け入れられない。というか吹き替えにはいろいろと思い入れがあるので、どうせならエピソードIからIIIも含めてシリーズすべてを吹き替え版で観たいと。
いやまあ映画館とかDVD借りて映画観るときは迷わず字幕だけどさ。

てなわけで一挙放送当日ではなくその後の吹き替え版をちまちまと観る。それも放送順(=公開順)なのでエピソードIVからVI、IからIIIという流れで。


それでもって感想だが、IVからVI(第1世代)とIからIII(第2世代)とはまったく別のシリーズですといってもいいよなあと。第1世代は当時の技術の粋を集めた出来で、今でも充分鑑賞に堪えうるんだが、やはり「ああ、チープだよね」という印象は拭えない、とくに特撮部分は。
で、第2世代になるわけだが、現実の時の流れと映画の中では逆なので、第1世代より前の時代のはずなのに、ものすごいテクノロジーが発展しているように見える。映画自体としても当然特撮とかCGの技術は進化しているので、どうしても単純に第1世代の続編として見えてしまう。いまこんなことできてるのに、ほんの数十年後にはどちらかといえば退化しちゃうことが結構あったりしてね。
アナキンとかR2-D2やC-3PO、デススターなんかでどうにかこれは過去の話なんですよ的な説明を3部作に渡って繰り広げてるけど、やっぱり第1世代と第2世代は別のお話なんだね、両世代間には失われた何かがあるんだよってことで納得しようじゃないか。

それからストーリーには関係ないけど、吹き替え版にこだわったのは第1世代をさんざんテレビの吹き替え放映で見ていたからだ。わたしの中では、スターウォーズは吹き替えでみるのがデフォルトで、登場人物が英語しゃべってるのがどうにもなじまない。
当時はルークは水島裕、レイアは島本須美、ソロは村井国夫の各氏が担当していて、それがいまでも刷り込まれている。今回は当然というかリニューアル版(? 最近よく見る版)なので上記のような声ではなかったのだが、それはそれで自分の中で定着してきたし、この声は合わないなというのもないのでふつうに見られるのだけど。
ハリソン・フォードの吹き替えは村井国夫もしくは磯部勉であってほしい。磯部勉だとメル・ギブソンもちらつくけどな。
・・・とか書き出すとやめられなくなるのでこのへんで。
関連記事
  1. 2006/11/19(日) 18:22|
  2. テレビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5周年 | ホーム | 世界一の記録を集めたイギリスの記録集>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ見えるようにする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://coldcase.blog31.fc2.com/tb.php/241-76da8c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

Zくん

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新しい内容

新しいコメント

新しいトラックバック

カテゴリーごとのまとめ

月ごとのまとめ

これだけ書きました

 記事タイトル一覧

プロフィール

らっしゅ

Author:らっしゅ


最近飲み物ネタが少ないですが、
いちおう飲み物紹介ブログです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ここの人より

当ブログは、サッカー明治安田生命J1リーグ『アルビレックス新潟』を非公式にサポートしています。


迷惑行為対策のため、コメントおよびトラックバックは管理人が承認するまで表示されません。また、承認までに時間がかかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。